YuhPhoto's Blog

YuhPhoto’s Blog

日々の撮影記録

Macで写真管理!Lightroom・Apple写真・Google Photosで簡単にバックアップを三重にする方法

こんにちは、今回は僕の写真管理の方法についてです。

僕はMacを使っているので、Macでのやり方の説明になりますが、Windowsでも代用できる部分があるので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

⇨【方法を新しくしました】 

はじめに

バックアップの必要性

写真を撮っている人が気を付けなければならないのは、パソコンやHDDの故障による写真データの破損です。デジタル化した結果、簡単に写真を管理することができるようになりましたが、1つ間違えると一瞬ですべて消えてしまうのもデジタル化の一側面です。ですので、そうなる前に、日頃からバックアップをしておくことが重要です。

バックアップってめんどくさい?

とはいってもバックアップをいちいち取るのはめんどくさいという方も多いでしょう。僕自身もめんどくさくて、しばらくの間やっていませんでした。しかし、いよいよ写真も5,6年分溜まってくると、失くなる怖さというのも捨てきれなくなりました。

そして、実際にやってみると、ほとんど手間のかからない方法があるので、ここで紹介したいと思います。

バックアップに必要なもの

さきほども書いたとおり、Appleのソフトウェアを使う部分がありますが、代用できます。

ソフトウェア

  • Adobe Photoshop Lightroom

言わずと知れたAdobeの写真管理ソフト。これをメインとして使います。

  • Apple 写真

Macには最初からインストールされている写真管理ソフト。サブ1としてJPEG写真の管理をします。ただJPEGを管理しているだけなので、フォルダにそのまま保存することも、この他の写真管理ソフトを使うこともできます。ただし、下のGoogle Photos Backupが対応している方が手間がかからずに3つめのバックアップを取ることができます。

  • Google Photos Backup

無制限に写真をアップロードできるGoogleのクラウドサービスの自動バックアップ用のソフトウェア。サブ2として写真を管理します。クラウド上に写真を全て保存しておくことで、出先で写真を確認したい、友達に見せたいなんてときにもすぐに探しだすことができます。

ハードウェア

  • (Mac)

Apple 写真を使う場合に必要です。Windowsでももしかしたら代用できるソフトもあると思います。フォルダでそのまま管理でも最悪OKです。

  • 外付けHDD2つ

僕は、パソコン自体のHDDの容量が大きくなく、パソコンにはデータを置かないので、同じような方はHDDが2つ必要になります。しかし、1TBを超えるようなHDDをパソコンに積んでいて、データもそこに入れている場合は、外付けHDDは1つで十分です。

写真管理の流れ

まず、実際の作業フローを図にすると下のようになります。

  f:id:YuhPhoto:20160217144734p:plain

この形で三重にバックアップを取るということを頭に入れて下の詳細を読んでいただければと思います。

メイン(Lightroom)

使い方

Lightroomは写真編集+管理を行いますので、メインの扱いです。保存場所は、パソコンに保存する場合はパソコンのHDD、外部に保存する人は1つ目のHDDです

RAW画像の編集もできますし、カタログでの写真管理なので、膨大な写真を管理するには最も有用だと思います。さらに、実際のデータはフォルダに管理されているので、用途に合わせてカタログは重複させて作ることもできるのは大きな利点です。

ですので、RAW画像を含めた全ての写真はLightroomで管理することをおすすめします。

しかし、RAWはメーカーによって形式が異なるので、どのソフトでも必ず開けるわけではありません。長期間保存することを考えると、いつのまにかそれを開けるソフトが世の中になくなっている場合もないわけではないので、RAWのみで保存することは得策ではありません。

そこで、JPEGに書き出して、別のソフトで管理します。ここでの書き出し内容が全てバックアップされる形になるので、位置情報などのメタデータを付与する場合は、この前に忘れずにしておく必要があります。

【位置情報について】

書き出し

書き出しは至ってシンプルですが、書き出し先がポイントです!ここではLightroomのデータが保存されている場所とは違うHDDを選びましょう。先ほどパソコンに保存した人は別のHDD、外付けHDDに保存した人はもう一つの2つ目のHDDに保存しましょう。

f:id:YuhPhoto:20160217141459p:plain

このとき、左の赤い下線のようにプリセットに登録しておくと、いちいち設定しなくて済むので簡単です。

また、ここでも作業の簡便化のためですが、書き出し画面の一番下に後処理に関する項目があります。

f:id:YuhPhoto:20160217142214p:plain

ここで、【他のアプリケーションで開く】を選択し、【写真.app】を選択しておくと、書き出し終了後、自動で書き出した写真を取り込む画面の状態で、【写真】が起動しますので、【写真】に書きだしたJPEGファイルを読みこませる作業が大変スムーズになります。

サブ1(写真)

上までの作業で、Lightroomの写真データが既に、JPEGの状態で、【写真】に保存されていることになります。これで二重にバックアップが取れていることになります。

【写真】に書き出すことで、Apple製品を使っている人にとっては、iPhoneなどに写真を同期できたりとさまざまな利点があるので、良いと思います。また、フォルダに直接保存する場合は、いちいち書き出す際にフォルダ分けをしなければならず手間になるので、この手間を省くために【写真】に入れてしまう方が得策だと思います。

そして実は、この【写真】でする作業は特にありません。以下の設定をしてしまえば、【写真】に写真が追加された段階で、自動に三重目のバックアップがとられることになります!!

サブ2(Google Photos)

まずは、Google Photosのアカウントを作りましょう。その後に、Google Photos Backupというソフトウェアをダウンロードしましょう。

これはパソコン内の指定のフォルダの写真を自動にアップロードして、Google Photosで管理できるというものなのですが、なんと【写真】のフォトライブラリもバックアップの対象として選択することができます。

f:id:YuhPhoto:20160217143458p:plain

さらに、複数のライブラリを選択することもできるので、写真が多く幾つかのライブラリに分けた方も使うことができます。僕の場合は、高校の時と大学の時で分けています。4月から社会人になったときにまた新しいライブラリが増えることになると思います。

こうすることで、【写真】に写真が追加された段階で勝手にバックアップがとられるので、手間が一切かかりません。しかも、高品質(無料、容量無制限)を選択しておけば、解像度が多少落ちるものの、容量や金額を気にする必要は一切ありません。ファイルが圧縮されると言っても、16メガピクセル以下はそのまま、16メガピクセル以上は16メガピクセルに圧縮されるということなので、バックアップとしては十分以上なのではないでしょうか。

まとめ

このように個人的な方法を紹介しました。少しでも参考にしていただければと思います。

僕自身は、MacユーザーでApple製品が多いので、第二段階目の【写真】にこだわってしまいましたが、これを別の管理ソフトやフォルダにそのまま保存するほうが好きという方はそれでもいいのかもしれません。Google Photos Backupが対応している限りにおいてはどのようなサービスでも良いと思います。それであれば、Windowsでも問題ないかもしれません。

バックアップの設定を早めにしておくことで、安心して且つストレスなく写真を管理していけると思います。ぜひ参考にしてみてください。

必要なもの

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)  2017年版 |12か月版|オンラインコード版
 
Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

 
Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB 3年保証 TS1TSJ25M3

Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB 3年保証 TS1TSJ25M3

 

関連記事

⇨【方法を新しくしました】