YuhPhoto's Blog

YuhPhoto’s Blog

日々の撮影記録

HDD容量が足りない!?Amazon Cloud Driveで無制限に写真を管理する方法

こんにちは、Yuhです。

今回は、写真を保存するストレージが足りず、Amazon Cloud Driveに写真保存を移行した話をします。

一眼レフで写真を撮り、バリバリLightroomでRAWを編集する方から、最近ミラーレスを始めたけど撮った写真をどうしたら良いかわからないという方まで、いろんな方の参考になればと思っています。

これまでの管理方法

これまで、Lightroom・Apple写真・Google Photosの3つのソフトウェアを活用して、写真管理・バックアップを行っていました。(以下記事を参照)

ですが、この方法ですと、Lightroomの写真(RAW)とApple写真に保存されている写真(JPEG)が二重に外付けHDDに格納されることになるので、余分にHDDの容量が必要となってしまいます。

しかし、外付けHDDを新しく買うとお金がかかってしまうので、低コストで写真を管理していける方法を新しく考えました!

Amazon Cloud Driveを活用する!

f:id:YuhPhoto:20160424092651p:plain

Amazon Cloud DriveはAmazonが提供するクラウドサービスです。これを今回導入するに至った理由を書きます。 

データ圧縮がなしで無制限に写真を保存

Amazonプライムに加入していれば、写真については】無制限で保存することができます!やはりバックアップといっても万が一のことを考えると完全な状態で残しておきたいので、僕にとってはかなり重要な点でした。

ランニングコストが安い!

やはり写真を管理するにあたってお金が出来る限りかからないことは重要です。プライム会員であれば、追加コスト無しで、写真を保存していくことができます!

もし、プライム会員に加入していなくても、年間3900円で利用することができます。外付けのHDDを1TBを1万円弱で購入することを考えてもかなり割安だと思います(物理的に破損する心配もなし)。

しかもAmazonプライムのさまざまなサービス(プライム配送、ビデオ、ミュージック、ラジオ...etc)も含めて年間3900円なので、かなりお得感があります。2000円以下の配送が有料化される今なので、これを機にプライム会員になるメリットはAmazonユーザーなら大きいのではないでしょうか。

写真がどこでも見れる

これまで僕は、Apple写真にJPEGを保存し、iPhoneに同期するという形で写真を持ち歩いていました。しかし、その都度同期する手間と、iPhoneの容量不足が気になっていました。

ですが、ネットが繋がる環境では、これまで撮りためたあらゆる写真に瞬時にアクセスすることができます。しかも画像劣化はなくすぐに共有することもできます。

友だちと話す中で、何か過去の写真を見せようと思った時に、”今持ってないや”なんてなることもありません。

しかも、インターフェースもなかなか使い勝手がよく、検索性にも富んでいると思います。

f:id:YuhPhoto:20160424101853p:plain

刷新した管理の流れ

さて、Amazon Cloud Driveを使ってどのように管理の流れを変えたのか紹介したいと思います。新たな写真管理に必要なソフトは2つです。

  1. Lightroom
  2. Amazon Cloud Drive(Desktop用アプリ)

そして、流れは下の図のようになります。 

f:id:YuhPhoto:20160424093502p:plain

Lightroomがメイン

f:id:YuhPhoto:20160424094514p:plain

まず、RAWを含めたメインの管理をLightroomでします。写真編集・管理は基本的にLightroomで行い、ここを参照すればすべての写真を見ることができる状態になります。

RAWの編集やGPSデータの追加、顔検索などの利便性を考えると、Lightroom一択です。

ファイルの書き出し

ここからバックアップのフェーズに入ります。RAWはカメラのメーカーによってファイル形式が微妙に異なるので、いつか読み込めなくなる可能性があります。ですので、RAWだけではなくJPEGで保存しておく必要があります。ですので、まずそれをフォルダに書き出します。

f:id:YuhPhoto:20160424095107p:plain

このように、HDD内にAmazon Cloud Driveにバックアップする写真用のフォルダを作り、書き出していきます。その際、日付+通し番号のファイル名にしておくと、どこまでAmazon Cloud Driveにアップしたかを確認するときに便利です。

Amazon Cloud Driveにアップロード

フォルダに書き出した写真を随時Amazon Cloud Driveにアップロードしていきます。下の画像はDesktop用アプリのインターフェースです。このインターフェースにアップしたい写真をドラッグ&ドロップすると、Amazon Cloud Drive上のアップ先を選択することができます。

f:id:YuhPhoto:20160424095358p:plain

あとは待っていれば、どんどんアップロードされていきます。僕の場合数千枚(50GB程)を一度にアップしても問題なくアップロードされました。ですので、安定性はかなりあります。

そして、一度アップロードしてしまえば、書き出したフォルダ内のJPEGは削除しても問題ありません!これによってかなりHDDの使用量を抑えることができます。

まとめ

さて、どうでしたでしょうか。一眼レフやミラーレスを買ってみたものの、貯まってきた写真の処理に困っている人も少なくないのではないでしょうか。

RAWをLightroomでわざわざ編集しないという方も、Amazon Cloud Driveに保存することで、簡単にバックアップすることができ、さらにいつでも見れる、そんな環境を作ってみては如何でしょうか? 

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)  2017年版 |12か月版|オンラインコード版