YuhPhoto's Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YuhPhoto’s Blog

日々の撮影記録

【撮影記録】THETAはあとから画角をいじれる超お手軽広角レンズカメラかもしれない。

こんにちは、年の瀬ですね。

年末の休暇を使って瀬戸内本州側をのんびり回ってきました。

そのときに、最近購入したTHETA SCを持っていったのですが、意外に良い絵がとれます!

ですので、その感じをお伝えできればと思います。

THETAは旅行への持ち歩きに最適のカメラ

https://theta360.com/ja/about/theta/img/img_sc_function_theta_sc.png

製品紹介 | RICOH THETA

まず何より小さくて軽い

まず、旅行にカメラというとあまり重たくないほうが良いですよね。

このTHETAはまず小さい!常に手のひらに持っていてもいいですし、すっとポケットに仕舞うこともできるお手軽さです。

いい写真を取ろうと思うと、ちょっといいカメラにしたり、換えのレンズを持ったりって考えることは多く、それだけでもちょっと疲れてしまうこともあるかもしれません。

あんまり考えなくていい

写真を撮るとなると、構図が気になりますよね。ここからこう撮ったらきっといい絵が撮れる!と意気込んで試行錯誤。

写真が好きな人はそれが楽しかったりしますが、誰かと一緒に”旅行”に来ている場合は、少し命取り!?

旅行自体を楽しむことを疎かにしてしまいがちではないでしょうか。(僕は割りとそうです...)

ですが、THETAを持っていってみて、とりあえずパシャっとしておくと360°撮れていますし、あとからある程度画角を選ぶことができるので、安心です。

画面がないので撮れた絵はスマホに繋がないと見れないので、もはや諦めもつきます笑

でも... ちゃんといい絵が撮れている!!

さて、今のところ気休めの精神安定剤程度の扱いとなっていますが、写真としても良いものになりました!

360°が一枚におさまるので、あとでスマホ等でグリグリすると面白い!というのは巷で言われている通りなので、多くは語りません。

ですが、撮れる写真もなかなかに優秀だと思います!

用水路の水を撮ってみた

用水路って細いのでなかなか入れませんよね。(そもそも入ろうとも思わないですが...)

ですが、THETAはちっちゃいので、とりあえず手を突っ込んで一枚撮ってみる。

すると、あとから360°見渡しながらほどよい画角を探してみると、意外といい絵が見えてきます。

f:id:YuhPhoto:20161230172756j:image

しかも、使ってみて気づいたのですが、ピンチして拡大/縮小をすると写真の歪みも変わるので、ある程度アップすると標準レンズで撮ったくらいの絵になるので画角の自由度はかなりあると思います。

猫目線の絵

本体の小ささ故に目線を変えるのは大得意です。

ミラーレスや一眼レフで低い目線の絵を撮るとなると、腹ばいになったり結構頑張らなければなりません。

それが結構周りからの目を気にしたりで、なかなか難しい。そして結局諦めたりなんてこともあるのではないでしょうか。

ですが、THETAは手を伸ばせば好きな画角になります。しかも勝手に上下判定してくれるので、THETAが上下左右どっちを向いているかは大して問題ではありません。

しかも、手のひらに収まりますし、それがカメラだと周りに露骨に思われることもないので、結構自然に色んな写真が撮れます。

f:id:YuhPhoto:20161230172803j:imagef:id:YuhPhoto:20161230172808j:image

風景も視点を変えて一味変わる

海辺の写真です。

ですが、波の感じをもっと強調したかったので、波打ち際にカメラを持っていって撮ってみました。

本体が大きいとあまり水の近くを攻めるのは怖いところですが、なにせ手のひらサイズなのでそのあたりは簡単です。

それでも超広角なので、それなりに距離の有りそうな写真になりました。

f:id:YuhPhoto:20161230172813j:image

猫目線第二弾

デカブツのカメラを構えると、猫とか動物もちょっと身構えますよね。しかも駆動音がすればびっくりもします。

ですが、小さいカメラで音もしないので、すごく近くでとっても気づかれません。

これまで絶対に取れないような絵がすごく簡単に撮れます。

近づいてパシャリとしておけば、角度とかはお家であとでゆっくり選べるので本当に簡単です。ただし手ブレだけは注意です。

f:id:YuhPhoto:20161230172828j:image

普通の広角レンズ的な用途も

さて、このアートの島となっている直島のかぼちゃですが、絵としては広角レンズと変わらないような気がしています。

360°の絵が取れるという触れ込みだとユニークな絵ばかりを想像しがちですが、こういった広角レンズとしての写真も画角の選び方によっては撮ることができます。

画質はそこまで良くありません。iPhoneくらいだと思ってください。でも広角なのでピンぼけは基本的にありませんし、フィルターを使ったり編集するだけでかなり面白い写真が撮れます。

f:id:YuhPhoto:20161230172838j:image

まとめ

これらの写真はすべてPhotoshop Lightroomで編集しています。

それ故のずるさは多少あるかもしれませんが、
旅行に行くときには旅行に集中して、しかもあとからいい絵が撮れているというのは、僕としては最高のカメラでした。

今回、一人やみんなでの自撮りについては触れませんでしたが、それにも大きな力を発揮します。

なにせ小さいから周りからわかりづらいですし、超広角なので自撮り棒などで頑張る必要もありません。

しかもあとから画角が選べるので、とっても気楽。恥ずかしさも半減です。

使い方によって色んな可能性のあるこのカメラをこれからも使い倒してみようと思います。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720